0
カートは空です
メニュー
直心影流の研究 軽米克尊 正規品,人気

直心影流の研究 軽米克尊 正規品,人気

品番: 0V6QD-0969784336070791

≪商品情報≫著者名:軽米克尊出版社名:国書刊行会発行年月:2020年12月判型:A5ISBN:9784336070791≪内容情報≫直心影流とは剣術の流派の一つである。三大流派といわれる新陰流の流れをくみ、江戸時代中期にこの流派から出た長沼四郎左衛門国郷が防具や竹刀などを創案し、それまでの形を中心と...
6,600円  5,200円割引: 21%OFF

アイテム説明

≪商品情報≫
著者名:軽米克尊
出版社名:国書刊行会
発行年月:2020年12月
判型:A5
ISBN:9784336070791
≪内容情報≫
直心影流とは剣術の流派の一つである。三大流派といわれる新陰流の流れをくみ、江戸時代中期にこの流派から出た長沼四郎左衛門国郷が防具や竹刀などを創案し、それまでの形を中心とした稽古から直接打ちあう試合中心の稽古を考案したことで、いまにつながる剣道の直接の祖とされている。幕末には講武所の剣聖と呼ばれた男谷下総守信友、島田虎之助、撃剣興行の榊原鍵吉といった名人が輩出したことで知られ、勝海舟もこの流派を学んだ(勝海舟は上記の剣聖・男谷の従兄弟であり、勝の父・小吉も同流を学んだ)。また薩摩藩に伝わった分派からは有馬新七、川路利良、牧野伸顕などの錚々たる明治の元勲がでている。まさに幕末から明治にかけて一世を風靡した流派といえる。
しかし、これほどまでに有名な流派であり、現在の剣道に直接つながる流派であるにもかかわらず直心影流についての研究は少なく、明治期に同流の流れを継承した山田次朗吉の書籍が知られるだけであり、その全容はまったく明らかにされていない(余談ながら芥川龍之介は三中時代、この山田に剣道を学んだ)。本書はこの謎に満ちた流派研究の決定版である。